Revitを学ぶ

Revitの床の作成方法を解説します

2.床の範囲を修正

今まで2次元のCADを使ってきて、これからBIMを学ぼうと思っている方へ。
Revitの床の作成方法を知りたいですか?
また作成した床の修正方法もついでに知っておきたいですか?

2次元のCADの書き方とは違い、「床」というシステムファミリを使用して作成します。

本記事では床の作成方法と、作成した床の修正方法を解説します。

 

目次

1.Revitの床の作成方法
1-1.床のタイプを作成
1-2.2階の床を作成

2.床の範囲を修正

3.おわりに

 

この記事は、日本BIM普及センターの山形雄次郎先生のAutodesk Revit ではじめるBIM実践入門を参考に、自分で実践して学んで気づいた点を記しています。
とても分かりやすい本で、愛用している方も多くいらっしゃいますので、初心者の方におすすめです。

 

それではいってみましょう。

 

 

1.Revitの床の作成方法

1-1.床のタイプを作成

1.Revitの床の作成方法

まずは床のタイプを作成します。
<建築タブ>→<床>→<床意匠>をクリックします。

 

1.Revitの床の作成方法プロパティにある<タイプ編集>をクリックします。

 

1.Revitの床の作成方法「タイププロパティ」のボックスが立ち上がるので、
①<複製>→②「任意の名前を入力」→③<編集>の順でクリックします。

名前を見ただけで床の内容が分かるような、分かりやすい名前にしておきます。

 

1.Revitの床の作成方法「アセンブリを編集」のボックスが立ち上がるので、このような内容の床に設定をします。

今回は、150mmのRC床に、4mmのタイルカーペットの仕上げのイメージで作成しました。(プレビュー表示を確認しながら作成すると、分かりやすいです。)

作成できたら「OK」をクリックします。

 

1.Revitの床の作成方法さらに「OK」をクリックします。
この画面では、床の厚みが変更されていることが確認できます。

 

 

1-2.2階の床を作成

1.Revitの床の作成方法①「タイプ」が先ほど作成したタイプになっていることを確認します。
②これから床の範囲を指定するので、そのための描画内容を設定します。

今回は普通の「線」を指定して、作図していきます。

 

1.Revitの床の作成方法〇部をクリックし、床の範囲を作図します。

このピンクのラインを「スケッチ」と呼び、天井・屋根・インプレイスなど、床の他にもよく使うモードなので、名前を覚えておきましょう。

 

1.Revitの床の作成方法床の範囲が指定できたら、モード終了ボタンを押し、スケッチモードを終了します。

 

1.Revitの床の作成方法以上で床の作成は完了ですが、このようにスケッチモード終了後、「床にアタッチ」のボックスが出てくる場合があります。

これは、今2階の床を作成したので、その床の下端に1階の壁をくっつけますか?(アタッチしますか?)と聞いてきているわけです。
スラブ~スラブの耐火壁を作成している場合などには有効ですが、こちらの設定はお好みになります。

私個人的には、一律にアタッチをすると修正がしにくい場合があるので、ここではアタッチしない設定にし、個別に「断面図ビュー」などで床下端にアタッチすることが多いです。

 

 

2.床の範囲を修正

2.床の範囲を修正次に作成した床の範囲を修正する方法について解説します。
まずは「床を選択」→<修正タブ>→<境界の編集>をクリックします。

※壁などと重なっていて、床の選択が難しい場合があります。
その際は床の境界近くにマウスを近づけ、キーボードの「Tab」キーを何度か押します。
そこで床がハイライトされたら、クリックして選択します。

 

2.床の範囲を修正床のスケッチモードになるので、ここで床の範囲を修正することができます。

今回は便利な機能の一つである「要素を分解」コマンドを使って、修正していきます。
①<修正タブ>→②<要素を分解>→③④の順でクリック。

要素(ここではスケッチライン)が、クリックした部分で分割されます。

 

2.床の範囲を修正分割した部分から縦に線を追加し、このような床の範囲に変更します。
(不要なスケッチ線はDeleteで消します)

床の修正が終わったら、先ほどと同様、「モード終了」をクリックし、スケッチモードを終了します。

 

2.床の範囲を修正最後に3Dビューで確認します。
うまく床が配置されました。

 

3.おわりに

いかがでしたでしょうか。

床も実はファミリの一種です。
システムファミリといって、元々のRevitに組み込まれており、壁・天井・屋根などと同様に、基本的な建築要素がシステムファミリとなっています。

また、動画では1階の床も作成しているので、気になる方はチェックしてみて下さい。
(水回り部分の段差床を作成しました)

 

✅Revitをまだ体験されていない方はこちらもご覧ください。
Revitの購入方法を解説します

Revitの体験版ダウンロード方法を解説します

✅YouTubeで、Revitを学ぶチャンネルを運営しています。
一緒に学んでいきましょう。
https://www.youtube.com/channel/UCdNJGZIifFj6fS1drcgMsZg

✅参考書
Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門
山形雄次郎 著