Revitを学ぶ

Revitのフィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法

今まで2次元のCADを使ってきて、これからBIMを学ぼうと思っている方へ。
Revitのフィルタ機能を使ったハッチングの方法を知りたいですか?

壁の種類ごとに違ったハッチングをするには、フィルタ機能を使います。
本記事ではフィルタ機能を解説します。

 

 

目次

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法
1-1.下準備を行います
1-2.RC壁をハッチング
1-3.同じ要領でLGS壁をハッチング
1-4.フィルタの仕組みを確認

2.おわりに

 

この記事は、日本BIM普及センターの山形雄次郎先生のAutodesk Revit ではじめるBIM実践入門を参考に、自分で実践して学んで気づいた点を記しています。
とても分かりやすい本で、愛用している方も多くいらっしゃいますので、初心者の方におすすめです。

 

それではいってみましょう。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法

1-1.下準備を行います

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法ハッチングや色塗りをする際は、まずは前処理として、ビューを複製して「着色用図面」のように元の図面と区分けしておくと、図面の管理がしやすいのでおすすめです。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法壁にハッチングをしていきますが、すでにハッチングされている場合は、以下の方法でハッチングを解除しておきます。

<表示タブ>→<表示/グラフィックス>をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法すでにハッチングされている部分をクリックします。

ここでは、壁カテゴリの「断面」の「パターン」が黒の塗り潰しになっているので、こちらをクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法「上書きを解除」をクリックして、現状のハッチングをデフォルトの状態に戻します。

 

 

1-2.RC壁をハッチング

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法下準備ができたら、フィルタ機能を使って、RC壁にハッチングを行います。
先ほどと同様に、<表示タブ>→<表示/グラフィックス>をクリックします。

右上の方に、「フィルタ」のタブがあるのでクリックします。
(※RevitLTにはない機能なので注意が必要です)

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法<編集/新規作成>をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法「フィルタ」ボックスが立ち上がります。
左下にある<新規作成>をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法「フィルタ名」ボックスが立ち上がるので、任意のフィルタ名を付けます。
ここでは分かりやすいように、「壁-RC」という名前を付けます。
ルールを定義にはチェックを入れます。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法①左欄の「フィルタ」に、先ほど新規作成した「壁-RC」が追加されました。
これからこのフィルタの内容を設定していきます。

②真ん中欄の「カテゴリ」で、このフィルタに含めるカテゴリを選択します。
今回は壁のカテゴリにチェックを入れます。(複数のカテゴリを選択できます)

③右欄で、このフィルタの内容を設定します。

a:条件を設定します。ANDとORの2種類があり、②で設定したカテゴリを複数選択した場合に関係します。

b:カテゴリを設定します。②で選択したカテゴリが表示されます。
今回は壁のカテゴリのみを設定したので「壁」となっています。

c:演算子を設定します。含む、含まない、等しい、等しくない、以上、以下などから選びます。
「e」で入力した文字を含めるのか、含めないのか、設定するところです。

d:パラメータを設定します。タイプ名、ファミリ名、価格などから選びます。
パラメータのどの部分をフィルタするかを選択します。

e:値を設定します。任意の文字を入力します。

ここでは、「壁のカテゴリで(b)、タイプ名に(d)RCという文字(e)が含まれているもの(c)をフィルタします」という設定にしました。

この状態で、右下の「適用」をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法

ひとつ前の画面に戻るので、

①追加をクリックします。
②先ほど作った「壁-RC」のフィルタを選択します。
③「OK」をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法そうすると、フィルタの画面に
①「壁-RC」が追加されたことが確認できます。

②次にハッチングしたい項目をクリックします。
今回は「断面」の「パターン」をクリックします。

③ボックスが立ち上がるので、パターンを設定します。
ここでは、「RC」のハッチングで「黒色」に設定しました。

④「OK」をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法断面のパターンの部分の表現が変わったことが確認できます。
以上でフィルタの設定が完了しましたので、右下の「OK」をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法RC壁だけにハッチングをすることができました。
他の壁(内部の壁)にはハッチングが入っていないことが確認できます。

 

 

1-3.同じ要領でLGS壁をハッチング

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法同じ要領で、今度はLGS壁だけをハッチングしていきます。
<表示タブ>→<表示/グラフィックス>→<フィルタ>→<編集/新規作成>→<新規作成>とクリックします。

フィルタ名:壁-LGS
カテゴリ:壁
フィルタ規則:「壁のカテゴリで、タイプ名にLGSという文字が含まれているものをフィルタします」という設定にしました。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法

①追加をクリックします。
②先ほど作った「壁-LGS」のフィルタを選択します。
③「OK」をクリックします。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法フィルタの画面に
①「壁-LGS」が追加されたことが確認できます。
②次にハッチングしたい項目をクリックします。
「断面」の「パターン」をクリックします。

③ボックスが立ち上がるので、パターンを設定します。
ここでは、「斜め45度」のハッチングで「赤色」に設定しました。

④「OK」をクリックします。

次の画面でも「OK」をクリックし、編集を終了します。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法LGS壁が赤色の斜め45度でハッチングされました。
RC壁は元のハッチングのままで変わっていないことに注目です。

 

1-4.フィルタの仕組みを確認

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法LGS壁を選択します。
プロパティのタイプセレクターを選択します。

すると、壁のタイプが色々と出てきますが、この中で「LGS」という文字が含まれている壁だけがフィルタされ、赤色の斜め45度ハッチングになっているということです。

 

 

1.フィルタ機能を使って図面にハッチングをする方法次にRC壁を選択します。

同様に、「RC」という文字が含まれている壁だけがフィルタされ、RC3本線のハッチングになっています。

 

 

2.おわりに

いかがでしたでしょうか?
今回はフィルタ機能について解説しました。

2次元のCADと全然違うので、かなり戸惑うところはありますが、とても便利な機能なので、しっかり覚えて使いこなしていきたいですね。

 

✅Revitをまだ体験されていない方はこちらもご覧ください。
Revitの購入方法を解説します

Revitの体験版ダウンロード方法を解説します

✅YouTubeで、Revitを学ぶチャンネルを運営しています。
一緒に学んでいきましょう。
https://www.youtube.com/channel/UCdNJGZIifFj6fS1drcgMsZg

✅参考書
Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門
山形雄次郎 著