Revitを学ぶ

Revitで図面をCADに書き出す方法

1.Revitで図面をCADに書き出す方法

今まで2次元のCADを使ってきて、これからBIMを学ぼうと思っている方へ。
Revitの図面をCADに書き出す方法を知りたいですか?
Revitで大まかな図面を書いておいて、細かい図面は手慣れた2DCADで作業したいという方もいらっしゃると思います。
本記事ではRevitの図面をAutoCADとJWCADに書き出す方法を解説します。

 

目次

1.Revitで図面をCADに書き出す方法
1-1.AutoCADに書き出す方法
1-2.JWCADに書き出す方法

2.おわりに

 

 

この記事は、日本BIM普及センターの山形雄次郎先生のAutodesk Revit ではじめるBIM実践入門を参考に、自分で実践して学んで気づいた点を記しています。
とても分かりやすい本で、愛用している方も多くいらっしゃいますので、初心者の方におすすめです。

 

それではいってみましょう。

 

 

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法

1-1.AutoCADに書き出す方法

1.Revitで図面をCADに書き出す方法まずはAutoCADに書き出したいシート(ビューでもOKです)を開きます。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法次にファイルから書き出します。
①ファイル
②書き出し
③CAD形式
④DWG

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法すると「DWG書き出し」というボックスが立ち上がります。
右欄の「書き出し」で、書き出すビューやシートを選択します。

ここでは、以前行った印刷設定で、「セット1」という名前を付けて保存した内容が引き継がれています。

「書き出し」では、以下の内容を選ぶことができます。
・現在のビュー/シートのみ(現在開いているビュー/シートを選びます)
・インセッション ビュー/シートセット(この画面でビュー/シートを選びます)
・印刷設定で名前を付けて保存した内容(ここではセット1という名前)

実際に書き出すビュー/シートは下欄で✅を入れます。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法下欄(セット)の内容を編集することができます。
・新しいセット
・セットを複製
・セットの名前変更
・セットを削除
以上の項目から編集することができます。

新しいセットを作ると、すべてのビュー/シートが出てくるので、書き出したいものに✅を入れます。

上記で設定した内容を保存したい場合は、「セットを保存して閉じる」をクリックします。
そうすると次から、その内容が「書き出し」で選べます。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法今回は「現在のビュー/シートのみ」を選択します。
「次へ」をクリックします。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法「CAD形式に書き出し」ボックスが立ち上がります。

まずは書き出したいフォルダを選択します。(ここではデスクトップを指定しました)
次にデータの名前を入力します。
次にAutoCADのバージョンを指定します。
最後に「シートとリンクのビューを外部参照ビューとして書き出し」の✅を外します。

ここにチェックを入れると、シートにレイアウトされている個々のビューポートが、外部参照になってしまいます。

その方が良い場合は✅を入れてもいいですが、そういったケースは少ないと思いますので、ここでは✅を外して「OK」します。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法AutoCADがデスクトップに作成されました。
開いて確認してみましょう。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法AutoCADの画面です。

レイアウト空間の方でレイアウトされています。
一つ一つがビューポートになっています。
図面枠のファミリは「ブロック」になって書き出されています。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法次にモデル空間を見てみましょう。

各フロアが横一列で並んでいます。
各ファミリ(窓や家具など)はブロックで書き出されています。
線、ブロック、ハッチング等が混在している状態ですが、AutoCADの方で上手く調整すれば、普通に図面として使えそうですね。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法試しにレイアウト空間に戻って印刷してみます。
上手くプレビューされています。問題なさそうです。

 

 

1-2.JWCADに書き出す方法

1.Revitで図面をCADに書き出す方法次にJWCADに書き出してみたいと思います。

AutoCADで書き出す時と同じですが、最後④DXFを選ぶようにします。
①ファイル
②書き出し
③CAD形式
④DXF

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法AutoCADの時と同様に、「DXFに書き出し」ボックスが出てくるので、「現在のビュー/シート」に設定し「次へ」をクリックします。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法「CAD形式に書き出し」ボックスが立ち上がります。
保存する場所、データ名、バージョンを指定して、「OK」します。

※DXFデータなので、DWGの時にあった外部参照の✅は選択できません。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法データを開いてみましたが、DXFデータを直接JWで開くと、このように文字化けしてしまいます。
なので、変換ソフト等を使って、JWWデータにする必要があります。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法今回はフリーソフトの「AR_CAD」をダウンロードして、こちらでDXFデータを開いてJWで保存するというやり方を行います。

1.Revitで図面をCADに書き出す方法先ほどのDXFデータをAR_CADで開いて、「保存」をクリックします。
すると「データの保存」ボックスが立ち上がるので、ここでJW形式を選択し、保存します。

 

 

1.Revitで図面をCADに書き出す方法JWWデータが作成されましたので、開いて確認します。
文字化けせずに、開くことができました。

 

 

2.おわりに

いかがでしたでしょうか?
AutoCADとJWに書き出すことができるのは、とてもありがたいですよね。

フリーソフトのAR_CADは初めて利用しましたが、うまくJWで保存できたのでとても便利なソフトだなぁと思いました。

Revitだけで図面をまとめるのはかなり高度な知識が必要になるので、AutoCAD、JWCADと併用して図面をまとめて効率UPを図っていきましょう!

 

 

✅Revitをまだ体験されていない方はこちらもご覧ください。
Revitの購入方法を解説します

Revitの体験版ダウンロード方法を解説します

✅YouTubeで、Revitを学ぶチャンネルを運営しています。
一緒に学んでいきましょう。
https://www.youtube.com/channel/UCdNJGZIifFj6fS1drcgMsZg

✅参考書
Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門
山形雄次郎 著